ホーム > WEBマガジン > 【開発品紹介】高透明・高UV耐性フッ素樹脂

High transparency and high UV resistant fluoropolymer HMX10

Print

開発品紹介

10/2022

高透明・高UV耐性フッ素樹脂(開発品)

高透明・高UV耐性フッ素樹脂 HMX10は、当社独自のフッ素化学技術を活かし、モノマーから設計した新しいフッ素樹脂です。HMX10はフッ素樹脂の中でも高い透明性、優れた耐紫外線性(UV耐性)が特長です。また、熱可塑性樹脂であり、溶剤に可溶であることから、熱溶融成形、コーティング等の様々な加工が可能です。

特長

(1) 高透明性、低屈折率

光学的特性に優れており、透明性樹脂PMMAに較べて高い全光線透過率と低屈折率を示します。屈折率は水と同等の値を示します。

表1 光学特性

optical-characteristics_v1.0.jpg

図1 光線透過スペクトル

spectrum_v1.0.png

図2 HMX10のフィルムの透明性
press_film_w450.jpg

フィルムの厚み:100μm


HMX10は透明性が高いので、フィルムを通して文字がクリアに見える。

(2) 優れた耐紫外線牲 (UV耐性)
深紫外領域での紫外線曝露試験で、シリコーンは25時間経過後にクラックが発生したのに対し、HMX10は200時間経過後も外観の変化が観察されませんでした。(図3)

図3 UV曝露試験結果

uv_test_w975.jpg

試験条件:測定波長265nm / UV-LED上にサンプルシートを載せ、UVを照射し外観の変化を観察した。

(3) フッ素樹脂の中でも特に顕著な低誘電率と低誘電正接
     (誘電率 2.0、誘電正接 0.00015)

図4 誘電率と誘電正接の関係

HMX10_dielectric-properties_v3.0.png

(4) 高い撥水性、及び滑水性の付与が可能

基材の表面にHMX10をコーティングすることで、撥水性、及び超滑水性を付与することができます。水の転落速度は、微細凹凸技術と撥水技術を組み合わせた超撥水表面と同等の150 mm/s以上を示します。

表2 水接触角の比較

HMX10_chart2_contact-angle.jpg

図5 超滑水コーティングのモデル

ultra-smooth-water-coating_en_v1.0.jpg

滑水性の測定方法

30°に傾けたサンプル表面に20µLの水滴を作り、転落させた際のスナップ写真を撮影し、転落時間と転落方向前方側の液滴の移動距離を近似した1次プロットの傾きから算出した。

動画1 HMX10コーティングの撥水性

(左)ガラス

(右)HMX10でコーティングしたガラス

動画2 HMX10コーティングの超滑水性

(左)ガラス

(右)HMX10でコーティングしたガラス

15°傾斜したサンプルの表面に水を滴下して、転落する様子を観察した。

(5) 多様な成型加工が可能
熱可塑性であり溶剤に可溶なので、様々な成形方法を用いた加工が可能です。使用方法や用途に合わせて、粉体タイプと溶剤タイプをご提供できます。


・射出成形
・押出成形
・熱プレス
・ウェットコーティング

図6 HMX10の粉体と溶解液
hmx10_appearance_v1_w450.png



想定用途

・深紫外LED用封止材
・ディスプレイ保護膜
・絶縁膜
・エレクトレット材料
・各種コーティング剤 等


ご質問やサンプルのご要望など、お気軽にお問い合わせください。

*「HMX10」は型番です。

記載の数値や加工例は代表であり、本開発品の品質や特性を保証するものではありません。

関連製品

OPTOOL anti-smudge coating

防汚コーティング剤 オプツール 

ダイキンの強み
・防汚コーティングのパイオニア
・コア技術のフッ素ポリマーの合成技術を活かした製品開発:表面機能の技術プラットフォーム
・テクニカルサービス:評価・分析、加工指導などでユーザーサポート充実

主な機能

防汚性、滑り性、撥水撥油性、透明性(薄膜コーティング)

OPTOACE conformal coating

防水・防湿コーティング剤 オプトエース

ダイキンの強み
・コア技術のフッ素ポリマーの合成技術を活かした製品開発:表面機能の技術プラットフォーム
・簡易加工:様々な基材・加工方法に対応、速乾

主な機能

耐熱性、耐薬品性、耐候性、電気特性、透明性(薄膜コーティング)