ホーム > ダイキンのソリューション > 製品 > 離型剤 ダイフリー

離型剤 ダイフリー

ダイフリーはフッ素特有の非粘着性や滑り性を活かし、ゴムやプラスチックを金型から取り出しやすくします。


薄くて、乾性塗膜を形成して離型させるため、成形品へ離型剤の転写が少なく、持続性にも優れます。加工メーカーにとっては金型クリーニングの回数を減少させ、生産性と安定性を改善することができます。

概要

高離型で転写の少ない離型剤 ダイフリー

離型剤 ダイフリーで成型品の離型性が向上し、成型品への転写もありません。金型クリーニングの頻度を減少させ、良品率を落とすことなく加工メーカーにとっての生産性改善を図ることができます。


ダイフリーの利点

・高精度離型による不良低減
・0-0.1µの薄膜による原料の最適化
・成形時の汚染がなく金型クリーニングの回数減少と長寿命化
・成形品へ転移せず、後工程でべたつかない
・1回の塗布で数ショットの成型が可能


ダイフリーはフッ素ゴム(FKM、NBRなど)、熱硬化性樹脂(エポキシなど)、熱可塑性樹脂(PVC、PP、PEなど)に使用可能です。水系と溶剤系の2タイプがあります。スプレー、刷毛塗りまたはエアゾールでの適用が可能です。また、PFOAおよびオゾン破壊物質のような規制物質は使用しておりません。


ダイキンは、フッ素系離型剤のパイオニアで30年以上の実績があり、グローバルの充実したユーザーサポートでお客様にソリューションを提供しています

他の離型剤との比較

・ワックス:厚膜(30 - 50μm)、固体フイルム層。型面が汚染されやすい
・シリコーン:薄膜(1 - 20μm)、油性フイルム層。成型品に転写し、後工程の処理を難しくする
・ダイフリー:より薄膜(0.1-1.0μm)、乾燥フイルム層。撥油性と防汚性能を有する

グレード・特長

タイプ 推奨の希釈剤 特長

用途

水系 非危険物 一般的なゴム、熱硬化性樹脂
溶剤系 石油系溶剤(イソヘキサン・イソプロピルアルコール) 離形性、速乾性 シリコーンゴム、合成ゴム
エアゾール 適用できない 濃度調整済み、使いやすい、優れた乾燥性 一般的なゴム、プラスチック(複雑成型に最適)、 電子電気部品
内部離型剤 - コンパウンドに添加された際のゴムの離型性改善 ゴム、熱硬化性、熱可塑性樹脂のための離型添加剤


市場・用途

Automotive

自動車

Semicon

半導体

Electronics

エレクトロニクス

Healthcare

ライフサイエンス

Aerospace

航空・宇宙

Home and Living

住宅・生活

関連製品

Fluoroelastomers

フッ素ゴム

当社の強み
・フッ素ポリマーの設計・重合技術を活かした豊富な品揃え(ポリマー組成×架橋系):特に、パーオキサイド架橋とポリオール架橋が得意
・テクニカルサービス:評価・分析、加工指導などでユーザーサポート充実

主な機能:耐熱性、耐薬品性、耐油性、耐酸性、高温での圧縮永久歪み性

ページの先頭へ