耐熱性

自動車や化学プラントなどでは信頼性や耐久性の向上のため、耐熱性に優れた化学素材が求められます。
ダイキンは、自動車の内燃機関からエレクトロニクスなどの様々な用途で幅広い温度に対応するフッ素素材を提供しています。

概要

フッ素樹脂・ゴムの耐熱性

フッ素素材のC-F結合の結合エネルギーは、C-H結合よりも大きく、熱で切断されにくい特性があります。さらに、C-C結合の骨格は-CF2-のため、-CH2-よりも回転しにくく、結合エネルギーが大きいこともあります。そのため、フッ素材料は炭化水素系材料よりも熱に強くなります。

自動車エンジンの効率化

厳しい排気ガス規制に対応するため、自動車メーカーはエンジンのダウンサイジングやターボチャージャーシステムなどの開発に取り組んでおり、エンジン部品には高温・高圧のフルードや冷却液に耐久性のある素材が求められています。
ダイキンはフッ素樹脂やフッ素ゴムの耐熱性や耐薬品性を活かし、内燃機関の効率化に貢献します。

プラント設備のメンテナンス向上

化学プラントや半導体製造などの生産設備では、メンテナンスのダウンタイム短縮のため、強力な薬品や高温の油に耐える素材が求められます。

ダイキンは、バルブやポンプに使われるフッ素樹脂 ネオフロンやバルブやシール材に使われるフッ素ゴム ダイエルなどを提供し、効率的で安定した生産プロセスを可能にします。

ダイキンのソリューション

Fluoropolymers

フッ素樹脂

ダイキンの強み

・フッ素ポリマーの設計・重合技術を活かした豊富な品揃え(ポリマー組成×変性タイプ):特に、高純度製品・変性タイプが得意
・テクニカルサービス:評価・分析、加工指導などでユーザーサポート充実

主な機能

耐熱性、耐薬品性、耐候性、非粘着性、電気特性

Fluoroelastomers

フッ素ゴム

当社の強み
・フッ素ポリマーの設計・重合技術を活かした豊富な品揃え(ポリマー組成×架橋系):特に、パーオキサイド架橋とポリオール架橋が得意
・テクニカルサービス:評価・分析、加工指導などでユーザーサポート充実

主な機能:耐熱性、耐薬品性、耐油性、耐酸性、高温での圧縮永久歪み性

Fluoropolymer Films

フッ素樹脂フィルム

ダイキンの強み
・フッ素ポリマーの設計・重合技術を活かした豊富な品揃え(ポリマー組成×厚み)
・表面処理技術:フッ素樹脂の欠点である接着性の向上で用途展開

主な機能

耐熱性、耐薬品性、耐候性、非粘着性、電気特性

製品 物性
使用可能上限温度(℃)

フッ素樹脂
フッ素樹脂フィルム
フッ素樹脂塗料(ゴム系以外)
添加剤(ポリフロンPTFE、ポリフロンMPA)

PTFE 260°C
PFA、FEP、CPT ~260°C

ETFE、EFEP

PCTFE

~150°C

フッ素ゴム、ゴム系フッ素樹脂塗料

添加剤(ダイキンPPA)

~250°C
フッ素オイル 250°C

上記数値は代表値であり保証値ではありません。

用途

solutions for heat resistance

solutions for heat resistance

solutions for heat resistance

自動車、化学プラントなどの幅広い用途にフッ素素材を応用することで、耐熱性を向上することができます。

  • クランクシャフトシール
  • ターボチャージャーホース
  • O2センサー
  • ボンネット内部のワイヤー類
  • O-リング
  • パッカーシール
  • 複合材料製造用耐熱離型フィルム
  • 燃料系統