フッ素ゴム

フッ素ゴム ダイエルは卓越した耐熱性と耐油性、高温での圧縮永久歪み性、耐酸性、耐溶剤性などを併せ持ち、自動車や石油掘削、化学プラント、またはその他の過酷環境下でのシール材やホース材料として用いられています。

概要

過酷な温度や燃料に接触する環境下で用いられるフッ素ゴム ダイエル

フッ素ゴムは、他の合成ゴムに比べ、圧倒的な耐熱性・耐油性・耐薬品性を有します。

自動車の燃料チューブ・ホース・ガスケットに多く使用されており、オイル、エタノール混合燃料などに対し卓越した耐性を有します。また、燃料低透過性から、ガスエミッションに関する厳しい自動車の規制にも適合します。最適な流動性および卓越した圧縮永久ひずみを提供します。


ダイキンではコア技術のフッ素ゴムの設計・重合技術を活かした豊富な品揃え(ポリオール加硫・パーオキサイド加硫、2元・3元ゴム、特殊ゴムやコンパウンド)、充実のユーザーサポートでお客様がもっとも最適なパーツを開発できるよう、技術陣がサポートいたします。

耐油性・耐熱性の比較

img-products-rubber-chart-01.png

フッ素ゴム ダイエルの構造

・2元系型フッ素ゴム

(フッ化ビニリデン:VdF、6フッ化プロピレン:HFP共重合体)

2gen2.png

・3元系フッ素ゴム

(フッ化ビニリデン:VdF、6フッ化プロピレン:HFP、4フッ化エチレン:TFE共重合体)

3gen.png

・低温タイプフッ素ゴム

(フッ化ビニリデン:VdF、パーフルオロメチルビニルエーテル:PMVE、4フッ化エチレン:TFE共重合体)

lowtemp2.png

フッ素含有率の影響

ダイエルのフッ素含有率は、低温特性や耐油性に影響を与えます。一般的に、低温で使用でき、かつ体積膨潤が小さいほど優れています。しかしながら、フッ素ゴムでは、これらの特性はトレードオフの関係にあります。低温環境下で使用する場合は、耐寒ゴムもしくは2元ゴムを推奨します。アグレッシブな薬品などをシールする場合には、71%フッ素濃度の3元ゴムもしくはパーフロゴムを推奨します。


(フッ素含有量とメタノール体積変化の比較)

lowtemp-graph.png

グレード・特長

グレード 主な特長 用途例
ポリマータイプ 加硫系
2元系

ポリオール加硫

圧縮永久ひずみ
シール性

オイルシール
クランクシャフトシール
バルブステムシール
ベアリングシール
燃料ホース
ターボチャージャーホース
Oリング
など

パーオキサイド加硫

機械特性、耐薬品性、耐酸性
耐スチーム性、 耐屈曲疲労性
3元系

ポリオール加硫

極性溶媒に強い、圧縮永久歪み、 シール性

パーオキサイド加硫

極性溶媒に強い、耐薬品性、 耐酸性、 耐スチーム性

ポリアミン加硫

極性溶媒に強い

機械特性

耐寒ゴム

パーオキサイド加硫

低温シール性、機械特性、耐酸性、耐屈曲疲労性

インジェクターOリング

ダイアフラム
など

耐アミンゴム

パーオキサイド加硫

耐アミン性、冷却液・エンジン・トランスミッションオイルに強い

耐酸性、機械特性、耐屈曲疲労特性

オイルシール
ベアリングシール
クーラントシール
パッカーシール
ターボチャージャーホース
Oリング
など
特殊ゴム

液状ゴム

生産性改善
硬度低減
可塑剤

サーモプラスチック

室温でゴム弾性、融点以上の高温で良好な流動性 半導体向けOリング
ダイエルコンパウンド ポリオール加硫
パーオキサイド加硫
*Cri-Tech社(米国)カスタムコンパウンド
ダイエルカラーコンパウンド - カラー特性、耐久性、 良好な触感、 低フリクション ウェアラブル
コンシューマーグッズ

市場・用途

Automotive

自動車

Semicon

半導体

Energy Storage

電池・エネルギー

Oil and gas

オイル・ガス

Electronics

エレクトロニクス

Healthcare

ライフサイエンス

Aerospace

航空・宇宙

Home and Living

住宅・生活

Wire and Cable

電線

Tube and Hose

チューブ・ホース

ダウンロード

カタログ

高機能フッ素ゴム ダイエル

関連製品

Fluoropolymers

フッ素樹脂

ダイキンの強み

・フッ素ポリマーの設計・重合技術を活かした豊富な品揃え(ポリマー組成×変性タイプ):特に、高純度製品・変性タイプが得意
・テクニカルサービス:評価・分析、加工指導などでユーザーサポート充実

主な機能

耐熱性、耐薬品性、耐候性、非粘着性、電気特性

ページの先頭へ