3Dプリンティング(開発品)

3Dプリンティングは、試作品の製造だけでなく、金型や他の治具を用いた生産設備と同じ役割を果たせるようになっております。
半導体・航空宇宙・医療・自動車・建築など、ますます多くの産業分野で応用され始めています。

ダイキンはフッ素樹脂の3Dプリンティング技術を開発し、用途展開を行っています。

トレンド

3Dプリンティングでは、従来の金型や機械では不可能な複雑な形状を、金型や治具を使わずに、デジタルの設計データから直接作り出すことが出来ます。3Dプリンティングには「材料押出法」、「液槽光重合法」、「結合剤噴射法」、「材料噴射法」、「粉末床溶融結合法」、「シート積層法」といった造形方式があります。


ダイキンは、粉末床溶融結合法向けのネオフロンPFA材料を開発しました。 PFAは優れた耐熱性及び耐薬品性を持つため、この3Dプリンティング造形品は半導体や医療機器、化学プラント、オイル・ガス分野などへの応用が期待されています。

ネオフロンPFA材料による3Dプリンティング造形物(試作品)

3D-集合.jpg

用途

aero.jpg

航空・宇宙分野

高機能・高信頼性が要求される航空・宇宙関連部品の複雑形状・小ロット生産に貢献します。

semicon.jpg

半導体分野

半導体製造に用いられるPFA樹脂の3Dプリンティングで複雑形状の部品製造への応用が期待されます。

oilandgas.jpg

オイル・ガス分野

高信頼性が要求されるオイル・ガス関連部品を少量生産で運用コストの削減、設備の最適化に貢献します。

ダイキンのソリューション

Fluoropolymers

フッ素樹脂

ダイキンの強み

・フッ素ポリマーの設計・重合技術を活かした豊富な品揃え(ポリマー組成×変性タイプ):特に、高純度製品・変性タイプが得意
・テクニカルサービス:評価・分析、加工指導などでユーザーサポート充実

主な機能

耐熱性、耐薬品性、耐候性、非粘着性、電気特性