紙・パッケージ

環境負荷の低減のため、食品包装や紙容器が増加しており、取り扱い易さや耐久性の向上が求められています。
ダイキンは、フッ素の特長である撥水撥油性を活かし、紙素材へのソリューションを提供しています。

トレンド

近年、マイクロプラスチックや地球温暖化の環境問題で紙素材が注目されており、今後の需要増加が予測されています。食品包装や紙容器には食品の油や油脂、アルコール、粘着物などの浸透を防ぐことが求められていますが、更なる改善が期待されています。


ダイキンは、使いやすくリサイクルが可能で、調味料や油脂からの保護機能を必要としているサンドイッチのラッピング、ポテトフライの容器など、食品が直接触れるあらゆるファーストフード業界に対し、フッ素コーティング剤のソリューションを提案しています。

用途

Sandwich wrap/sleeves, Pet food packaging

ファストフードのラッピング

撥水撥油剤ユニダインは、サンドイッチのラッピングなど、食品が直接触れる用途にも適しています。

pulp-mold.jpg

紙容器

プラスチック容器に代わり、紙容器の需要が増加しています。使いやすさの改善にフッ素が貢献しています。

pet-food.jpg

ペットフードの袋

ペットフードは油脂を含むため、包装紙は撥油性が求められ、撥水撥油剤ユニダインが使用されています。

ダイキンのソリューション

Water and Oil Repellents

撥水撥油剤

ダイキンの強み
・フッ素ポリマーの設計・重合技術を活かした豊富な品揃え(用途別、機能別):風合い維持・耐久性・加工安定性を併せ持つ製品群
・テクニカルサービス:処方提案力に優れ、ユーザーサポート充実

主な機能

撥水撥油性、透明性(薄膜コーティング)