ホーム > WEBマガジン

WEBマガジン

fluoroelastomer for car interior

技術レポート

06/2022

フッ素ゴムの自動車内装への展開

自動車市場のニーズ変化に対応する素材として、自動車内装への適用の期待が高まるフッ素ゴムについてご紹介します。

B
E
I

UNIDYNE Technical Center Shanghai

拠点紹介

06/2022

ユニダインテクニカルセンター(上海)

ユニダインテクニカルセンターは、撥水・撥油剤 ユニダインの技術を支える拠点ラボです。テキスタイル用、紙用、不織布用など撥水・撥油剤の世界最大の市場である中国に技術拠点を設けることで、的確に市場ニーズを把握し、新商品開発に迅速に反映しています。

B
E
I

piezo_top.png

開発品紹介

02/2022

透明圧電フィルム(開発品)

ダイキンが開発した「透明圧電フィルム」は、力や歪、温度変化と電気エネルギーを双 方向に変換できる「強誘電性」と呼ばれるユニークな性質を持ちます。さらに、透明性、 柔軟性にも優れるため、感圧タッチパネルやウェアラブルデバイスのキーマテリアルと して期待されています。

B
E
I

zeffle_mz_top.JPG

製品紹介

12/2021

医療機器用滅菌消毒への耐性に優れる

フッ素コーティング材料 ゼッフル MZ

感染対策に関連する製品の需要が高まるなかで、近年の医療機器の消毒・滅菌処理の条件は大変厳しくなっています。そのため、医療機器に用いられている材料の劣化が問題となっています。その解決方法として、様々な消毒剤および殺菌剤に対する耐性に優れるフッ素コーティング材料 ゼッフル MZをご紹介します。

B
E
I

CFRTP_top.JPG

開発品紹介

10/2021

フッ素樹脂/炭素繊維複合材料(開発品)

耐薬品性に優れる熱可塑性複合材料「フッ素樹脂/炭素繊維 複合材料(CFRTP)」を新たに開発しました。構造強度(機械物性)、軽量化、耐衝撃性、防汚性・撥水撥油性、摺動性、難燃性、耐熱性が必要とされる様々な用途への広がりも期待されています。

B
E
I

automotive-refrigerant-top2.jpg

開発品紹介

08/2021

自動車用冷媒(開発品)

ダイキンの環境に配慮した最新の冷媒は、自動車のHVACアプリケーション向けに設計されています。 優れた効率で冷暖房能力を向上させます。 特に、内燃機関からの排熱が利用できず、電気ヒーターを使用することが航続距離を制限する電気自動車の室内に、強力な暖房性能を提供します。

B
E
I

sanjose-top.jpg

拠点紹介

07/2021

サンノゼオフィスのご紹介

サンノゼオフィスは、シリコンバレーの中心部に位置するオープンイノベーション施設です。シリコンバレーのスタートアップやテクノロジー・カンパニーと密接に交流し、製品開発からテスト、技術サービスまで、お客様のご要望に迅速にお応えし、企業活動をサポートしています。

B
E
I

sealant_top.png

開発品紹介

05/2021

フッ素シーラント(開発品)

「フッ素シーラント」はケミカルや湿度に優れた耐久性能を示すシーリング材です。様々なコーティング方法で塗布が可能、かつ溶剤を含まない、環境に配慮した材料です。また、室温硬化が可能な加工性や柔軟性といった特性を活かし、センサー保護コーティング材、封止剤など他用途への展開も期待されています。

B
E
I

top1.jpg

技術レポート

05/2021

3Dプリンティング用フッ素樹脂PFAの開発(粉末床溶融結合法)

3Dプリンタは、装置性能の向上や材料の高機能化が進み、さらに一体成形によるコスト削減や軽量化などが認められ、航空機・自動車・医療分野を中心に最終製品への展開が進んでいます。

3Dプリンタの粉末床溶融結合(Powder Bed Fusion)手法に適したフッ素樹脂「PFA」粉体をご紹介します。

B
E
I

PFAtube-kv-a_s.png

技術レポート

07/2020

PFAチューブの表面粗度に関する新提案

(半導体チップの微細化に対応した超平滑PFAチューブ)

半導体集積回路の微細化により、歩留まりに影響する汚染微粒子の低減などクリーン化への関心が高まっています。最先端の微細化プロセスに対応した、ナノレベルでPFAチューブの表面平滑性を評価できる新規方法と必要性についてご紹介します。

B
F
I

automotive_2_top.jpg

インタビュー

08/2017

DAIKIN AUTOMOTIVE CHALLENGES

Vol.2 自動運転で変化する人とクルマの関係性

自動運転の実現により、変化を遂げる自動車社会に必要なこれからの技術と化学材料について、産業技術総合研究所首席研究員の赤松幹之氏とダイキン工業 化学事業部長 三浦克哉が議論しました。

B
E
I

インタビュー

07/2017

DAIKIN AUTOMOTIVE CHALLENGES

Vol.1 化学材料で自動運転の未来を創る

2015年から国内の大学として初めて一般道での自動走行実証実験を開始した金沢大学 准教授の菅沼直樹氏とダイキン工業 化学事業部マーケティング部長新家伸洋が、自動運転分野で化学メーカーができることについて議論しました。

A
B
D
G