自動車

コネクティッド、シェアリング、自動化、電動化というトレンドの中で、自動車は大きな変革期にあります。

ダイキンは、安全性の向上や燃費改善、内燃機関の最適化、電動化に貢献するフッ素をベースとしたソリューションを提供しています。

トレンド

CASE(コネクティッド、シェアリング、自動化、電動化)というトレンドの中で数多くのイノベーションが起こっており、多くの自動車メーカーは、電池やモーターなどの電動パワートレインの進化、更なる車室空間の快適性向上に取り組んでいます。

一方で、内燃機関の効率化も、短期的な課題の一つとなっており、エンジンのダウンサイジングなどのシステムの開発やエンジンオイル、トランスミッションオイル、新規混合燃料の開発など、継続的な進化が求められています。


ダイキンはフッ素化学製品の優れた耐熱および耐薬品性、耐候性、耐燃料油性、加えて電気特性や防汚性を最大限に活かし、自動車の様々な用途向けに最適なソリューションを提供します。

用途

Filler neck hose

フィラーネックホース

(内燃機関)

給油口と燃料タンクをつなぐフィラーネックホースで、燃料透過性が特に低いフッ素樹脂が使用されています。

turbocharger.jpg

ターボチャージャーホース

(内燃機関)

高温・高圧空気のため、フッ素材料が使用されています。また、排ガスの再循環(EGR)で耐酸性も要求されます。

リチウムイオン電池

リチウムイオン電池には、高容量化、高出力、安全性向上のため、フッ素材料が多く使用されています。

電動パワートレイン

モーターやインバーターは高電圧・小型化ニーズで耐熱性、電気特性の向上にフッ素素材が求められます。

ディスプレイ

ディスプレイは自動車には不可欠。快適性向上のため、防汚性や反射防止の表面改質材料が求められています。

センサー

ADASや自動運転のため、多くのセンサーが搭載されます。防汚性を付与し、信頼性を向上します。

ダイキンのソリューション

Fluoropolymers

フッ素樹脂

ダイキンの強み

・フッ素ポリマーの設計・重合技術を活かした豊富な品揃え(ポリマー組成×変性タイプ):特に、高純度製品・変性タイプが得意
・テクニカルサービス:評価・分析、加工指導などでユーザーサポート充実

主な機能

耐熱性、耐薬品性、耐候性、非粘着性、電気特性

Fluoroelastomers

フッ素ゴム

当社の強み
・フッ素ポリマーの設計・重合技術を活かした豊富な品揃え(ポリマー組成×架橋系):特に、パーオキサイド架橋とポリオール架橋が得意
・テクニカルサービス:評価・分析、加工指導などでユーザーサポート充実

主な機能:耐熱性、耐薬品性、耐油性、耐酸性、高温での圧縮永久歪み性

Fluoro Coatings

フッ素樹脂塗料

ダイキンの強み
・豊富な品揃え(水系、溶剤系、ゴム塗料、粉体塗料)
・ポリマー合成から塗料配合までの一貫開発・生産
・テクニカルサービス:評価・分析、加工指導などでユーザーサポート充実

主な機能

離型性・非粘着性、耐熱性、耐薬品性、耐食性、低摩耗性

OPTOOL anti-smudge coating

防汚コーティング剤 オプツール 

ダイキンの強み
・防汚コーティングのパイオニア
・コア技術のフッ素ポリマーの合成技術を活かした製品開発:表面機能の技術プラットフォーム
・テクニカルサービス:評価・分析、加工指導などでユーザーサポート充実

主な機能

防汚性、滑り性、撥水撥油性、透明性(薄膜コーティング)