フィルム・シート

フッ素樹脂フィルムは、非粘着性・耐候性・耐熱性・難燃性・電気的特性などの優れた特性を有しており、化学薬品用容器のライニングから屋根膜、太陽光発電まで、幅広い用途で使われています。

ダイキンは幅広い製品の品ぞろえで、お客様のニーズにお応えします。

トレンド

フッ素樹脂フィルムやシートは、非粘着性や耐候性のため、航空機・半導体などの離型フィルム、大型物件の屋根膜、プリント基板などに使用されています。近年はフッ素の電気特性を活かし、プリント基板への応用が進むなど、今後も用途の広がりが期待されています。


ダイキンはフッ素樹脂フィルムの品揃えが豊富です。また、フッ素以外のフィルムへのフッ素コーティングなど、お客様の様々なニーズに最適なソリューションをご提案します。

参考:樹脂添加剤のダイキンPPA 加工助剤は、一般的なプラスチックフィルムの加工性に貢献します

ダイキンPPA 加工助剤を汎用樹脂に添加(500ppm前後)することで、押出成形やブロー成形時の成形不良の原因となるメルトフラクチャーを低減することができ、生産性が向上し、生産コストダウンが期待できます。

用途

Weather resistant film (roof membrane)

屋根膜

フッ素樹脂は、大型スポーツ施設など屋根膜に使用されています。軽量で、過酷な天候に耐えることができます。

Photovoltaic Solar cell

太陽電池

耐候性フッ素樹脂ゼッフルは、太陽電池のバックシートに使用されており、効率的な太陽光発電に貢献します。

bottle-stopper.jpg

薬品容器(薬栓)

フッ素樹脂フィルム(ネオフロンETFE)は、ゴムとの共押出製法で薬栓として利用されています。

Sheet lining

シートライニング

フッ素樹脂フィルム(ネオフロンPFA)は優れた耐薬品性・堅牢性・柔軟性を発揮することができます。

ダイキンのソリューション

Fluoropolymers

フッ素樹脂

ダイキンの強み

・フッ素ポリマーの設計・重合技術を活かした豊富な品揃え(ポリマー組成×変性タイプ):特に、高純度製品・変性タイプが得意
・テクニカルサービス:評価・分析、加工指導などでユーザーサポート充実

主な機能

耐熱性、耐薬品性、耐候性、非粘着性、電気特性

Fluoroelastomers

フッ素ゴム

当社の強み
・フッ素ポリマーの設計・重合技術を活かした豊富な品揃え(ポリマー組成×架橋系):特に、パーオキサイド架橋とポリオール架橋が得意
・テクニカルサービス:評価・分析、加工指導などでユーザーサポート充実

主な機能:耐熱性、耐薬品性、耐油性、耐酸性、高温での圧縮永久歪み性

Coatings resins and additives

耐候性塗料用樹脂

ダイキンの強み
・豊富な品揃え(水系、溶剤系)
・橋梁、鉄塔、高層ビルなどの重防食塗料で多くの実績

主な機能

耐候性、耐薬品性、防汚性

Fluoropolymer Films

フッ素樹脂フィルム

ダイキンの強み
・フッ素ポリマーの設計・重合技術を活かした豊富な品揃え(ポリマー組成×厚み)
・表面処理技術:フッ素樹脂の欠点である接着性の向上で用途展開

主な機能

耐熱性、耐薬品性、耐候性、非粘着性、電気特性