耐候性

一般的なプラスチックは、屋外で日射・温度・湿気・大気ガスなどに長時間曝されているうちに劣化してしまいます。

ダイキンは耐候性に優れるフッ素素材(樹脂・ゴム・コーティング)で、屋外の厳しい環境に対応したソリューションを提案します。

概要

フッ素材料の耐候性

フッ素素材の結合エネルギー(C-F結合、C-C結合)は紫外線エネルギーよりも大きいため、太陽光によって切断されることがありません。また、炭素原子の周りをフッ素原子が隙間なく覆っているため、周囲の環境が紫外線を吸収することで発生するラジカルの攻撃も受けません。 そのため、フッ素素材は太陽光に長期間曝されていても初期と変わらぬ状態を保つことができます。

屋根膜への応用

ポリフロンPTFEやネオフロンETFEは、世界中で屋根膜や建築資材に使用されており、厳しい屋外環境に対して長期にわたる耐久性があります。

太陽電池への応用

太陽電池の長寿命化のために、耐候性塗料用樹脂ゼッフルでコーティングしたバックシートは重要な役割を果たします。 UV保護に加え、バリア性・耐薬品性・耐摩耗性も発揮します。

建築塗料への応用

耐候性塗料用樹脂ゼッフルをベースとした屋外塗料は優れた耐候性と防食性で、建築・建設業界に貢献しています。この利点を最大限に発揮させることで、新しいデザインや様々な用途への応用などが期待できます。

ダイキンのソリューション

Fluoropolymers

フッ素樹脂

ダイキンの強み

・フッ素ポリマーの設計・重合技術を活かした豊富な品揃え(ポリマー組成×変性タイプ):特に、高純度製品・変性タイプが得意
・テクニカルサービス:評価・分析、加工指導などでユーザーサポート充実

主な機能

耐熱性、耐薬品性、耐候性、非粘着性、電気特性

Coatings resins and additives

耐候性塗料用樹脂

ダイキンの強み
・豊富な品揃え(水系、溶剤系)
・橋梁、鉄塔、高層ビルなどの重防食塗料で多くの実績

主な機能

耐候性、耐薬品性、防汚性

Fluoropolymer Films

フッ素樹脂フィルム

ダイキンの強み
・フッ素ポリマーの設計・重合技術を活かした豊富な品揃え(ポリマー組成×厚み)
・表面処理技術:フッ素樹脂の欠点である接着性の向上で用途展開

主な機能

耐熱性、耐薬品性、耐候性、非粘着性、電気特性

Dを汎用材料としたときの優位性 : A+>A>B>C>D

製品 物性
耐UV

加水分解

耐オゾン

フッ素樹脂
フッ素樹脂フィルム
フッ素樹脂塗料(ゴム系以外)
添加剤(ポリフロンPTFE、ポリフロンMPA)

PTFE A+ A+ A+
PFA、FEP A+ A+ A+

ETFE、EFEP

CPT、PCTFE

A A A

フッ素ゴム、ゴム系フッ素樹脂塗料

添加剤(ダイキンPPA)

A A A
耐候性塗料用樹脂 ゼッフル* A A A

*ゼッフルは硬化剤を配合した塗膜の測定。

用途

solutions for weatherability

solutions for weatherability

solutions for weatherability

屋外の過酷な環境下で長期間使用できることで、お客様や消費者の経済性やメンテナンス性を大きく向上させます。ダイキンは、フッ素技術をベースに長寿命を実現するソリューションを提供します。

  • 太陽電池
  • 風力発電
  • 屋根膜
  • 外壁塗料