電池材料

ダイキンはフッ素技術を活かし、電池の高容量・高効率・安全性・長寿命に貢献する電池材料を提供します。

概要

高性能化に貢献するダイキンの電池材料

リチウムイオン電池には多くのフッ素材料が使用されており、高容量・安全性・長寿命のニーズに対し、ますます高機能フッ素材料が求められています。ダイキンは、リチウムイオン電池に3つのフッ素材料を提供しています。また、次世代電池の開発にも注力しており、次世代リチウムイオン電池や全固体電池などに貢献します。


正極バインダー樹脂

・ダイキン独自のフッ素樹脂(変性PVdF)は柔軟性が高いため、一般的なPVdFバインダーよりも高電極密度化(高出力化)を実現できます。

・ニッケル含有量の高い正極材料(NMC811など)に用いてもスラリーのゲル化が起こりにくいため、安定した電池生産ができます。


ガスケット用フッ素樹脂

・フッ素樹脂の耐熱性・耐薬品性・耐水蒸気透過性を活かし、リチウムイオン電池(主に角型)のガスケット材料で使用されています。


電解液用添加剤

  • フッ素系添加剤は、リチウムイオン電池の高エネルギー密度化、高出力化、高電圧化、長寿命化、安全性向上に寄与します。


ダイキンではフッ素技術(設計・重合・合成・分析)を活かした機能材料の提案、電池評価(セル作成~充放電試験)、充実のユーザーサポートでお客様にソリューションを提供しています

グレード・特長

電池材料向けソリューション

タイプ 用途 特長
正極用バインダー樹脂 ネオフロン VT リチウムイオン電池 柔軟性
高エネルギー密度
ガスケット用樹脂 ネオフロンPFA

リチウムイオン電池

(主に角型)

耐熱性

耐薬品性

耐水蒸気透過性

フッ素系添加剤 添加剤、溶媒 リチウムイオン電池 バッテリー・エネルギー密度
高電圧
長寿命
安全性

市場・用途

Automotive

自動車

Energy Storage

電池・エネルギー

Electronics

エレクトロニクス

Aerospace

航空・宇宙

Home and Living

住宅・生活

関連製品

Fluoropolymers

フッ素樹脂

ダイキンの強み

・フッ素ポリマーの設計・重合技術を活かした豊富な品揃え(ポリマー組成×変性タイプ):特に、高純度製品・変性タイプが得意
・テクニカルサービス:評価・分析、加工指導などでユーザーサポート充実

主な機能

耐熱性、耐薬品性、耐候性、非粘着性、電気特性