ホーム > ダイキンのソリューション > 製品 > フッ素樹脂 > ネオフロン CPT LPシリーズ

ネオフロン CPT LPシリーズ

NEOFLON_CPT_5.jpg

ネオフロン CPT LPシリーズは薬液や有機溶剤に対して優れたバリア性を有する新しいタイプのフッ素樹脂です。ポリアミドなどの汎用樹脂との溶融接着やNBR・ECOなどの汎用ゴムと加硫接着が可能なグレードも取りそろえており、積層材料としてこれまでにないソリューションを提供します。

概要

特長

  • ETFE樹脂よりも優れた燃料バリア性、フッ素樹脂の中で高い透明性を有しています。
  • 接着性官能基が導入されているため、プラズマ処理等の表面処理なしで、溶融共押出により汎用樹脂との接着が可能です。
  • NBR、ECOなどの汎用ゴムと加硫接着が可能なため、ゴムホースにも適用できます。

用途

ネオフロン CPT LPシリーズは、優れたバリア性(薬品、有機溶剤)により、自動車、半導体製造装置、OA機器などで使用されています。

  • 自動車燃料ライン(低透過)
  • 燃料チューブ、薬液チューブ、インクチューブ

品番・特長

品番 ダウンロード
LP-1000 テクニカルデータシート

特性データ

燃料透過係数(CE10,60℃)

CPT-chart-01.png

ETFE樹脂とCPTの融点・透過係数の比較

CPT-chart-02.png