ホーム > 事業紹介 > サスティナビリティ

サスティナビリティ

変化を続けるグローバル社会は、 気候変動や人口構造の変化などに伴う多くの課題に直面しています。
私たちダイキンは事業を通じて新たな価値を社会に提供し、持続可能な社会の実現に貢献することをめざします。

PFOAに関する当社の取り組みについて

当社は、PFOA(パーフルオロオクタン酸)やその類縁化合物の製造・使用、およびそれらを原料とした製品の製造を2015年12月末で完全に終了しました。

当社は2006年、持続性のある化学物質管理の一環として、世界の主要フッ素化学メーカー7社(計8社)とともに、2015年までにPFOA及び関連物質を全廃することをめざす「PFOA自主削減プログラム(PFOA2010/2015スチュワードシップ・プログラム※1)」に参画しました。

それ以降これまで、代替品開発の取り組みを推進してきたことにより、スチュワードシップ・プログラムの目標期限である2015年末で、PFOA及び関連物質の製造・使用を完全に終了したことを報告します。

※1 PFOA 2010/2015スチュワードシップ・プログラムについて
2006年1月末、米国環境保護庁は「PFOA自主削減プログラム(PFOA 2010/2015スチュワードシップ・プログラム)」を発表し、世界の主要フッ素化学メーカー8社(社名は下記)に対し、プログラムへの参加を呼びかけました。プログラムの内容は以下の通りです。

  1. PFOA、もしくは分解してPFOAを発生する前駆体物質、およびC8より炭素数の多い類縁物質の、工場から環境中への排出量、製品中含有量の両方について、2010年に基準年比95%削減すること。 
  2. PFOA、もしくは分解してPFOAを発生する前駆体物質、およびC8より炭素数の多い類縁物質を2015年に全廃することに対する努力を行うこと(Working toward the elimination)を約束すること。 

【フッ素化学メーカー8社】

デュポン(現ケマーズ)、3M/ダイネオン、旭硝子(現AGC)、ソルベイ・ソレキシス(現ソルベイ・スペシャルティー・ポリマーズ)、
アルケマ、クラリアント(現アークローマ)、チバ・スペシャルティー・ケミカル(現BASF)、ダイキン工業

今後も当社は、化学物質の管理に留意しながらさらなる製品開発に取り組みます。
一例として、代替製品の原料となるC6テロマー関連化合物について様々な試験を実施しており、その結果を以下に示します。
下記の化合物名をクリックすると当該化合物の試験が表示されます。

将来的な環境負荷が考えられる化合物

工場内のみで使用される化合物

PFHxA(Perfluorohexanoic Acid: C5F11COOH)

   試験項目 最終報告書
日付
報告書
言語
結果要旨
環境影響 APFHxの魚類の初期生活段階毒性試験1 2008年8月1日 英語 孵化、生存率、体重、体長は10 mg/Lで影響しなかった
APFHxの魚類の初期生活段階毒性試験2
APFHxの魚類の初期生活段階毒性試験3
APFHxのよるメダカでの96時間急性毒性 2016年3月24日 英語 96時間LC50 =1850mg/L
NaPFHxのよるメダカでの96時間急性毒性 2016年3月24日 英語 96時間LC50 =3080mg/L
APFHxとNaPFHxのメダカにおける短期繁殖試験 2015年12月25日 英語 VTGの濃度に影響を起こさなかった。
活性汚泥呼吸阻害 2017年6月1日 英語 活性汚泥の呼吸阻害を行わなかった。
ミジンコ急性遊泳阻害試験 2017年6月2日 英語 48時間EC50 >100mg/L
藻類生長阻害試験 2017年7月11日 英語 EC50 >100mg/L
魚類胚期急性毒性試験 2018年5月7日 英語 500mg/Lで孵化、生存率、形態に影響しなかった。
魚類胚期中の濃度測定1 2018年11月9日
英語 144時間NOEC=500mg/L
魚類胚期中の濃度測定2 2018年3月18日 英語 孵化96時間でのばく露濃度10.0, 25.0, 50.0mg/Lで胚中濃度は13.6, 31.1, 48.7 mg/kg 
分配係数(1−オクタノール/水) の測定 2018年3月15日 英語 logPow=2.1(pH2.0;非解離(25ºC))
logPow=1.5 (pH7.4;解離(25ºC))
土壌吸着 HPLCによるKoc測定 2018年3月15日 英語 logKoc=4.27(pH2.0;非解離(25ºC))
logKoc<1.25 (pH7.0;解離(25ºC))
水溶解度(フラスコ法) 2018年3月2日 英語 >250g/L (20ºC)
解離定数 2018年3月1日 英語 pKa=3.29 (20ºC)
健康影響 ラットを用いた7日間反復経口投与予備毒性試験 2006年10月25日 日本語 NOAEL=150mg/kg
ラットを用いた急性経口毒性試験 2018年5月9日 英語 GHS 分類 4: 
ラットを用いた急性経皮毒性試験 2018年5月9日 英語 LD50 > 2000mg/kg
ラビットを用いた急性眼刺激性/腐食性 2004年6月21日 英語 GHS 分類 1: 重篤な眼の損傷
In vitro皮膚腐食性:ヒト皮膚モデル試験 2018年5月11日 英語 GHS 分類 1B/1C: 重篤な皮膚の薬傷
皮膚感作性:ペプチド結合性試験

2017年4月3日

英語 皮膚感作性あり
ヒト細胞株活性化試験 2017年4月4日 英語 皮膚感作性あり
皮膚感作:局所リンパ節試験 2017年6月1日 英語 皮膚感作性あり
細菌復帰突然変異試験 2017年4月3日 英語 陰性
哺乳類のin vitro染色体異常試験 2017年7月3日 英語 陰性
Hprt遺伝子を用いる哺乳類細胞のin vitro遺伝子突然変異試験 2018年1月25日 英語 陰性
24か月強制経口投与/癌原性組合わせ試験(PFHx) 2007年5月11日 英語 雄100mg/kg/day、雌200mg/kg/dayにおいても発がんしなかった
C14 ラベルしたAPFHxのマウスとラットを用い、50mg/kg一回経口投与による排出試験  2009年11月27日 英語 投与24時間後の放射性の排出
ラット雄=95.6%, 雌=99.2%
マウス雄=90.9%,雌=94.1%
C14 ラベルしたAPFHxのマウスとラットを用い、50mg/kg反復投与による排出と分布試験 2009年11月27日 英語 投与24時間後の放射性の排出
ラット雄=93.7%, 雌=90.4%
マウス雄=93.5, 雌=92.2%
マウスを用い、一回投与による動態試験 2010年5月14日 英語 雌の血液半減期
35mg/kg 0.889h
175mg/kg 1.24mg/kg
350mg/kg 0.924mg/kg
マウス、ラット、ミニブタ、豚、サル、ヒトのPFHxの薬物検討 2016年3月29日 英語 マウス、ラット、サル、ブタ、ヒトの薬物動態は種差がなかった。
90日間反復毒性と一世代繁殖毒性の併合試験 2009年4月2日 英語 繁殖毒性NOAEL=100mg/kg/day
反復毒性NOAEL= 20mg/kg/day
出生前発生毒性試験 2007年4月26日 英語 母体影響および発生影響の NOAEL = 100mg/kg/day
マウスを用い、経口投与による発生/出生時と出生後の繁殖試験の複合試験1 2011年7月26日 英語 母性 NOEL = 175mg/kg
F1出生児 NOAEL = 35mg/kg
マウスを用い、経口投与による発生/出生時と出生後の繁殖試験の複合試験2
マウスを用い、経口投与による発生/出生時と出生後の繁殖試験の複合試験と修正版 2012年9月28日 英語 母性 NOEL = 100mg/kg
F1出生児 NOAEL = 100mg/kg
ポスターおよび論文発表 A 24-Month Oral Combined Chronic Toxicity/Carcinogenicity Study of Perfluorohexanoic Acid (PFHxA) in Rats Society of Toxicological Pathology 2011 英語 上記参照
Ecotox and Pk findings for ammonium perfluorohexanoate (APFHx) PFAA Days III 2010 英語 上記参照
Ecotox Findings for Ammonium Perfluorohexanoate SETAC 2011 英語 上記参照
Combined developmental and perinatal/postnatal reproduction oral toxicity study of ammonium perfluorohexanoate in mice Society of Toxicology Annual Meeting 2012 英語 上記参照
Toxic Study of Perfluorohexanoic Acid (PFHxA) and Its Salts in Aquatic Organisms Society of Toxicology Annual Meeting 2019 英語 上記参照
Toxicokinetics of Ammonium Perfluorohexanoate Drug and Chemical Toxicology, 2011 34(4) 341 - 346 英語 上記参照
Evaluation of the chronic toxicity and carcinogenicity of perfluorohexanoic acid (PFHxA) in Sprague-Dawley rats Toxicol Pathol, 2015
43; 209-220
英語 上記参照
Oral (Gavage) Combined Developmental and Perinatal/Postnatal Reproduction Toxicity Study of Ammonium Salt of Perfluorinated Hexanoic Acid in Mice International journal of toxicology, 2014 33; 219-237 英語 上記参照
Addendum to Iwai and Hoberman (2014)-Reassessment of Developmental Toxicity of PFHxA in Mice Int J Toxicol, 2019 38; 183–191 英語 母性 NOEL = 175mg/kg
F1出生児 NOAEL = 175mg/kg

C6-2 Acid(C6F13CH2COOH)

試験項目 最終報告書
日付
報告書
言語
結果要旨
健康影響 ラットにおける28日間反復経口投与毒性試験 2007年7月27日 英語 NOAEL: 1mg/kg/day
微生物を用いる変異原性試験 2007年3月1日 日本語 陰性
ほ乳類培養細胞を用いる染色体異常試験 2007年5月2日 英語 陽性
( 構造異常:陽性 )
( 数的異常:陽性 )
環境影響 ヒメダカによる96時間急性毒性試験 2007年5月25日 日本語 96h LC50:>100mg/L
オオミジンコによる48時間急性遊泳阻害試験 2007年5月28日 日本語 48h EC50:83.5mg/L
Pseudokirchneriella subcapitataによる
藻類生長阻害試験
2007年5月25日 日本語 72h ErC50:>100mg/L
NOEC :4.27mg/L
コイにおける濃縮度試験 2007年6月20日 日本語 濃縮倍率
第一濃度区(20μg/L):<1.1
第二濃度区(2μg/L):<12

C6-2 Alcohol(C6F13CH2CH2OH)

試験項目 最終報告書
日付
報告書
言語
結果要旨
健康影響 ラットにおける28日間反復経口投与毒性試験 2007年7月25日 日本語 NOAEL: 5mg/kg/day
微生物を用いる変異原性試験 2007年2月14日 日本語 陰性
ほ乳類培養細胞を用いる染色体異常試験 2007年3月26日 日本語 陽性
( 構造異常:陽性 )
( 数的異常:陰性 )
環境影響 ヒメダカによる96時間急性毒性試験 2007年7月26日 日本語 96h LC50:5.78mg/L
オオミジンコによる48時間急性遊泳阻害試験 2007年7月26日 日本語 48h EC50:8.20mg/L
Pseudokirchneriella subcapitataによる
藻類生長阻害試験
2007年7月25日 日本語 72h ErC50:>5.19mg/L
NOEC:1.47mg/L
コイにおける濃縮度試験 2007年3月19日 日本語 濃縮倍率
第一濃度区(10μg/L):-
第二濃度区(1μg/L):29
土壌吸着 HPLCによるKoc測定 2018年3月1日 英語 Log Koc = 2.39 (25 ºC)

C6-2Olefin(C6F13CH=CH2)

試験項目 最終報告書
日付
報告書
言語
結果要旨
健康影響

ラットを用いた急性経口毒性試験

2017年3月22日 英語 LD50 >2000mg/kg
ラットを用いた急性経口毒性試験 2017年4月12日 英語 LD50 >2000mg/kg
EpiOcular TM 眼刺激性試験 2017年3月10日 英語

刺激性なし

LabCyte EPI MODEL24 を用いた皮膚刺激性試験 2017年3月10日 英語

刺激性なし

皮膚感作:局所リンパ節試験 2017年3月1日 英語

感作性なし

ラットにおける28日間反復経口投与毒性試験 2007年8月24日 日本語 NOAEL: 5mg/kg/day
生殖/発生毒性スクリーニング試験 2017年8月1日 英語 NOAEL:雄親=25mg/kg;雌親、繁殖機能、発生=200mg/kg
微生物を用いる変異原性試験 2007年2月15日 日本語 陰性
ほ乳類培養細胞を用いる染色体異常試験 2007年3月14日 日本語 陰性
ほ乳類細胞のIn vitro遺伝子突然変異試験 2019年1月25日 英語 陰性
環境影響 ヒメダカによる96時間急性毒性試験 2007年9月19日 日本語 溶解度付近の濃度では急性的な影響を及ぼさない
オオミジンコによる48時間急性遊泳阻害試験 2007年9月10日 日本語 溶解度付近の濃度では急性的な影響を及ぼさない
Pseudokirchneriella subcapitataによる
藻類生長阻害試験
2007年9月18日 日本語 溶解度付近の濃度では急性的な影響を及ぼさない
微生物による分解度試験 2007年3月15日 日本語 微生物により分解されなかった
コイにおける濃縮度試験 2007年7月19日 日本語 濃縮倍率
第一濃度区(1μg/L):380
第二濃度区(0.1μg/L):300
土壌吸着 HPLCによるKoc測定 2017年3月21日 英語 Log Koc = 2.65 (25 ºC)
分配係数(1−オクタノール/水) の測定

2017年3月17

英語 logPow=4.9 (25 ºC)

C6SFA(CH2=CH-COOCH2CH2C6F13)

試験項目 最終報告書
日付
報告書
言語
結果要旨
健康影響 ラットを用いた急性経口毒性試験 2007年5月10日 英語 LD50 > 2000mg/kg
ラビットを用いた急性眼刺激性/腐食性 2007年5月28日 英語 弱い刺激
眼刺激性の追加コメント 2010年8月4日 英語 GHS:非該当
ラビットを用いた急性皮膚刺激性/腐食性 2007年4月3日 英語 中程度の刺激
皮膚刺激性の追加コメント 2010年8月4日 英語 GHS:非該当
皮膚感作:局所リンパ節試験 2007年5月11日 英語 感作性なし
ラットにおける28日間反復経口投与毒性試験 2007年6月15日 英語 下記参照
28日間反復経口投与毒性確認試験 2014年4月16日 英語 NOAEL: 30mg/kg/dayに改訂
微生物を用いる変異原性試験 2007年2月14日 日本語 陰性
ほ乳類培養細胞を用いる染色体異常試験 2007年3月26日 日本語 陰性
チャイニーズハムスターV79細胞のIn vitro遺伝子突然変異試験 2008年6月12日 英語 陰性
ほ乳類骨髄細胞小核試験 2008年3月14日 英語 陰性
環境影響 ヒメダカによる96時間急性毒性試験 2007年7月25日 日本語 溶解度付近の濃度では急性的な影響を及ぼさない
オオミジンコによる48時間急性遊泳阻害試験 2007年7月26日 日本語 溶解度付近の濃度では急性的な影響を及ぼさない
Pseudokirchneriella subcapitataによる
藻類生長阻害試験
2007年7月25日 日本語 溶解度付近の濃度では急性的な影響を及ぼさない
活性汚泥呼吸阻害試験 2012年12月18日 英語 半数呼吸阻害濃度 >1000mg/L
微生物による分解度試験 2007年2月1日 日本語 一部が変化し、C6-2アルコールとC6-2アシッドが生成した
コイにおける濃縮度試験 2014年6月27日 英語 濃縮倍率
第一濃度区(10μg/L):>8.0-10
第二濃度区(1μg/L): >80
水中での加水分解性 2013年3月28日 英語 5日後の分解率(50℃)
pH=487%
pH=783%
pH=9>99%


C6SFMA(CH2=CCH3-COOCH2CH2C6F13)

試験項目 最終報告書
日付
報告書
言語
結果要旨
健康影響 ラットを用いた急性経口毒性試験 2007年5月11日 英語 LD50 > 2000mg/kg
ラビットを用いた急性眼刺激性/腐食性 2007年5月28日 英語 弱い刺激
ラビットを用いた急性皮膚刺激性/腐食性 2007年5月28日 英語 中程度の刺激
皮膚感作:局所リンパ節試験 2007年5月15日 英語 感作性なし
ラットにおける28日間反復経口投与毒性試験 2007年7月10日 日本語 NOAEL: 5mg/kg/day
微生物を用いる変異原性試験 2006年8月4日 日本語 陰性
ほ乳類培養細胞を用いる染色体異常試験 2007年3月14日 日本語 陰性
環境影響 ヒメダカによる96時間急性毒性試験 2007年7月25日 日本語 溶解度付近の濃度では急性的な影響を及ぼさない
オオミジンコによる48時間急性遊泳阻害試験 2007年7月26日 日本語 溶解度付近の濃度では急性的な影響を及ぼさない
Pseudokirchneriella subcapitataによる
藻類生長阻害試験
2007年7月25日 日本語 溶解度付近の濃度では急性的な影響を及ぼさない
微生物による分解度試験 2007年3月15日 日本語 一部が変化し、C6-2アルコールとC6-2アシッドが生成した