ホーム > 事業紹介 > サスティナビリティ > グリーン調達の取り組み

グリーン調達の取り組み

対応する持続可能な開発目標(SDGs)

120803

ダイキングループでは、環境保全を経営の最重要課題のひとつとして位置づけ、「グリーン調達ガイドライン」を制定し、取引先様をも含めた環境管理を進めています。
グリーン調達とは、環境への負荷が出来る限り小さい資材や部品を、環境マネジメントシステムISO14001および第三者認証取得を受けるなど、環境への取り組みに優れた取引先様から優先的に調達することです。

化学事業部においても、「グリーン調達ガイドライン」に基づき、グローバルでこの取り組みを推進しています。
具体的な活動としては、取引先様への年1回の調査を通じて状況を共有し、当社からも改善提案を行うなど、サプライチェーン全体で環境への貢献を目指しています。
また、取引先様をお招きして開催する「品質フォーラム」では、グリーン調達に関するプログラムを設定し、情報共有や学びの機会の提供、表彰による動機づけ等を積極的に実施しています。

第21回 品質フォーラム

2018年3月に開催された「第21回 品質フォーラム」の様子


継続してこのような取り組みを実施してきた結果、化学事業部ではグリーン調達に関する調査で高い評点を獲得する取引先様が年々増加しています。

ダイキングループの「グリーン調達ガイドライン」の詳細は、以下をご覧ください。